エルダースクロールズオンライン推奨スペックPCを比較

The Elder Scrolls Online

エルダースクロールズオンライン/The Elder Scrolls OnlineはSkyrimで有名な開発スタジオがリリースした初のオンラインゲームです。
海外では既に発売されており「Best MMO of 2015」を受賞した実績があります。
そしてついに2016年6月、月額課金不要という形で発売されました。

グラフィックは最新ゲームと比較するとどうしても劣ってしまいますが、その分初心者にとっても参入しやすい環境になっています。

(via wall.alphacoders.com)

エルダースクロールズオンライン 推奨スペック

CPU クアッドコア(4コア) 2.3GHz
メモリ 4GB
グラフィックボード GeForce 560 Ti
推奨スペックとは、メーカーが「このスペック以上であれば快適にプレイできるでしょう」と発表しているもので、PCを選ぶ時の目安になります。

ゲーム自体は数年前に開発されたものなので、最新ゲームと比較すると推奨スペックは控えめになっています。

CPUはCore i5程度、グラフィックボードは当時ミドルスペックであったGTX560Tiという構成になっています。

現在のGTX900世代に置き換えるとミドルスペック帯はGTX960ですが、性能自体が向上しているので、エントリークラスのGTX750Tiでも十分プレイできる性能を持っています。

エルダースクロールズ おすすめ推奨PCをピックアップ

現在ゲームPCメーカーであるドスパラから推奨PCが発売されています。

低価格モデル

CPU:Core i3-6100
メモリ:8GB
グラボ:GTX750Ti
HDD:500GB
価格 最新価格を確認

コスパ重視モデル

CPU:Core i7-6700
メモリ:16GB
グラボ:GTX960
SSD:525GB/HDD:2TB
価格 最新価格を確認

種類が多く迷ってしまうので、このページでは安さ・コスパ・性能を基準に3つのパソコンを紹介しています。
また、最新価格は詳細リンクから確認できます。

さて、おすすめのPCを2つ紹介しましたが、特に初心者の方は「本当にプレイできるのか?」といった不安な要素が多いと思います。

そこで、当サイトではベンチマークの結果や検証動画で詳しく解説していきます。

エルダースクロールズオンライン ベンチマーク結果

The Elder Scrolls Online GPU ベンチマーク
The Elder Scrolls Online CPU ベンチマーク
ベンチマークとは、パーツごとにどれ位滑らかにゲームを動かすことができるかを数値化する検証のことです。
数値が高いほど快適にプレイすることができ、一般的にはおおよそ60FPSが快適にプレイできる値だとされています。

ベンチマーク結果によると、常時60FPSを維持できるグラフィックボードはGTX660Tiという結果になっています。
CPUに関しては、Core i5とi7にあまり大きな差はありませんね。

GTX660Tiは当時のミドルクラスなので、現在のGTX960にあたります。
ただ、最新のGTX900世代はかなり性能が向上しているので、現在はそれほど性能にシビアになる必要はないかと思います。

エルダースクロールズオンライン向けのグラフィックボードは、価格・性能から考えて、GTX960がベストではないでしょうか。

余談ですが、以前私は安さを重視して推奨スペックギリギリのパソコンを購入しました。
しかしすぐに性能が追いつかなくなってしまい、最新のゲームを十分にプレイできなくなってしまった苦い経験があります。

そのため長く使うと考えると、公式で発表されていたり自分で考えていたスペックよりも少し高性能なパソコンを選ぶべきです。

本当に動くの? プレイ動画で検証

ゲームPCは値段が高いので、購入時には誰しも不安になります。
私もそうですが、一番の不安は「このパソコンで本当にゲームができるのか?」ということではないでしょうか。

この項目では同じ構成のPCを使っている人のプレイ動画を紹介しています。
動画を見ることによってどれ位快適にプレイできるかが実際に分かるので安心です。

エルダースクロールズオンライン プレイ動画

低価格モデルコスパ重視モデル

GTX750Tiでプレイした動画です。

動画の様子から、負荷のかかる戦闘中でもカクつくことなくプレイ出来ていることが確認できます。
ただ、録画や配信を考えている場合にはもう少しPCスペックに余裕を持ちたいところです。

GTX960での最高画質設定プレイです。

移動中ではおおよそ80FPS、戦闘中では60~70FPSほどで、重視したい60FPSをしっかりと維持できています。

最高画質でエルダースクロールズオンラインをプレイするにはこの構成がぴったりという結果が確認できます。

ゲーミングPCを比較

この段落ではエルダースクロールズオンラインをプレイできるスペックを備えたゲーミングPCを2つのメーカーから紹介しています。
参考 ゲームPCメーカーを比較

価格で選ぶ

ドスパラG-Tune
GALLERIA-DT

【ドスパラ】エルダースクロールズオンライン DC

  • CPU:Core i3-6100
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX750 Ti 2GB
  • HDD:500GB

LITTLEGEAR

【G-Tune】LITTLEGEAR i310BA4

  • CPU:Core i5-6400
  • メモリ:4GB
  • グラボ:GTX750 1GB
  • HDD:500GB

ゲーミングPCの中でもかなり安いタイプです。
ドスパラではCPUにCore i3、G-TuneではグラフィックボードにGTX750(GTX750Tiの下位版)を採用することで低価格を実現しています。

低価格でありつつも、エルダースクロールズオンラインの推奨スペックはしっかりと満たしているので、初めてPCゲームをプレイしてみたい方にとっても敷居が低く、安心して購入できます。

しかし、他のゲームをプレイする予定の場合はスペック不足になる可能性が高いため、下のパソコンを購入する必要があります。

コスパで選ぶ

ドスパラG-Tune
GALLERIA-XT

【ドスパラ】エルダースクロールズオンライン XT

  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX960
  • SSD:525GB/HDD:2TB

NEXTGEAR-MICRO

【G-Tune】NEXTGEAR-MICRO im570SA4

  • CPU:Core i5-6400
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX960
  • SSD:240GB

ドスパラではCore i7とGTX960、G-TuneではCore i5とGTX960を組み合わせたコスパに優れたゲームPCです。
CPU、グラボ共にバランスが良いため、軽めのゲームには最もおすすめできる一台です。

また、両方ともSSDを搭載しているのでOSの起動はもちろん、エルダースクロールズの起動やサーバー参加時のロード時間が短縮できます。
ゲーム内でスムーズに起動、参加できるのでストレスなく快適にプレイできるでしょう。

また、他のゲームも多くの場合問題なくプレイすることができ、画質設定によっては録画や配信もできます。

※G-Tuneのほうが価格が安いですが、Core i5であることやHDDが無いことを考えると、ドスパラのほうがおすすめです。