ソウルワーカー推奨スペックPCを比較

ソウルワーカー

ソウルワーカー/SoulWorkerは今までのRPGとはひと味違う「アニメチックアクションRPG」です。アニメーションとフルボイスのシーン演出によって、アニメの主人公を操作しているような感覚でゲームを楽しむことができます。

マイルームという機能が実装されているのも特徴で、手に入れたアイテムなどを自由に配置して、自分の個性を表現することができます。

(via soulworker.hangame.co.jp)

ソウルワーカー 推奨スペック

CPU Core i5
メモリ 4GB
グラフィックボード GeForce GTS 250
推奨スペックとは、メーカーが「このスペック以上であれば快適にプレイできるでしょう」と発表しているもので、PCを選ぶ時の目安になります。

ソウルワーカーはアニメーションを採用しているということもあり、最新のRPGゲームと比べるとかなりスペックが抑えられています。

初めてPCゲームに挑戦してみたい方にとっても、あまり負担にならないスペックなので、ゲーミングPCの費用は大きく抑えられるでしょう。

ソウルワーカー向けのPC構成としては、CPUにCore i5、グラフィックボードは現世代のエントリーモデルであるGTX750Tiがおすすめです。

ソウルワーカーおすすめゲームPCを比較

現在ゲームPCメーカーであるドスパラから推奨PCが発売されています。
参考 ソウルワーカー推奨PC一覧

ドスパラでは、推奨モデルを購入することでゲーム内で使用できる特典が得られます。

探偵学園アバターに加え、マイルームに設置できるエレガントシャワーブースC、エレガントバスタブCがあります。
また数量限定でブローチキューブ3種5セットがあり、初めてのプレイヤーにとっても順調なスタートが出来るように配慮されているのでお得です。

価格で選ぶ

GALLERIA-DT
ソウルワーカー DS
  • CPU:Core i5-6500
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX750Ti
  • SSD:120GB/HDD:500GB

DSは削れる部分を最大限削ったモデルです。

このモデルではCPUにCore i5-6500、グラフィックボードにリーズナブルなGTX750Tiを採用することで低価格を実現しています。

ソウルワーカーの推奨スペックをしっかりと満たしつつも、比較的安い価格設定なので、初めてPCゲームに挑戦してみたい方におすすめです。

しかし注意点として、将来的にはスペック不足になる可能性が高いため、ソウルワーカー XTの方が安心できます。

コスパで選ぶ

GALLERIA-XT
ソウルワーカー XT
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX960
  • SSD:525GB/HDD:2TB

XTはCore i7-6700とGTX960を組み合わせたコスパに優れたゲームPCです。
CPU、グラフィックボード共にバランスが良いため、最もおすすめできる一台です。

ソウルワーカーはもちろん、他のゲームも多くの場合問題なくプレイすることができ、画質設定によっては録画や配信もできます。
本格的にPCゲームを始めようかと計画している方におすすめのゲームPCです。

ノートPCモデル

GamingNote
ソウルワーカー QSF980HGS
  • CPU:Core i7-6700HQ
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX980M
  • SSD:250GB/HDD:1TB

QSF980HGSはCore i7-6700HQとGTX980Mを組み合わせたハイスペックなゲーミングノートPCです。ノートPCであるためスペースを取らないのが利点で、あまり机が広くない方や簡単に移動させたい方でも快適なゲーム環境が構築できます。

高性能なモデルなので、最新のゲームでも快適にプレイすることができます。