SF2推奨スペックPCを比較

SF2壁紙

SF2(スペシャルフォース2)は基本無料のFPSでユーザー数が多く、クラン戦や大会も開かれています。
1ラウンドあたりの時間が短いため展開が早いのが特徴で、様々なゲームモードが実装されています。
また、初心者プレイヤーでもK/Dによって入れるロビーが異なっているので、安心してプレイすることができます。

無料とは思えない綺麗なグラフィックで楽しめる一方で、快適にプレイするにはSF2推奨のゲームPCが必要になるので注意が必要です。

(via images.hangame.co.jp)

SF2 推奨スペック

CPU Core2 Duo E8600
メモリ 4GB
グラフィックボード GeForce GTX 260
推奨スペックとはメーカーが「このスペック以上であれば快適にプレイできるでしょう」と発表しているもので、PCを選ぶ時の目安になります。

SF2の推奨スペックではCPUやグラフィックボードにあまり性能を要求されていないように感じられますが、実際に中画質~高画質設定でプレイする場合にはこのスペックでは足りないと考えておくべきです。

そのため、予算に余裕のある方は高スペックなPC、余裕がない方は重要なパーツであるグラフィックボード(グラボ)に絞って強化することが快適なプレイ環境に繋がるでしょう。

グラフィックの設定にもよりますが多くの場合は負荷がかかりやすく、推奨されているよりも余裕を持ったスペックを選ぶことが大切です。

SF2 おすすめゲーミングPCを比較

安さで選ぶ

GALLERIA-XT
SF2 XT
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX960 2GB
  • SSD:480GB/HDD:2TB

スペシャルフォース2 XTは削れる部分を最大限削ったモデルです。
このモデルではCPUにCore i7-6700、GPUにリーズナブルなGTX960を採用することで低価格を実現しています。

SF2では特に録画や配信などをせずにプレイするのであれば快適にプレイできる構成です。
グラフィック設定を高設定にできる余裕もあるので、存分に楽しむことができるでしょう。

また、グラフィック設定を下げることで負荷の高いゲームでもプレイできる構成で、予算が少ないけれど初めてPCゲームに挑戦してみたい方におすすめです。

しかし、将来的にはスペック不足になる可能性が高いため、「コスパ重視モデル」を購入する方が結果的には安くなるかもしれません。

コスパ・バランスで選ぶ

GALLERIA-XF
SF2 XF
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX970
  • SSD:525GB/HDD:2TB

スペシャルフォース2 XFはCore i7-6700とGTX970を組み合わせたコスパに優れたゲームPCです。
CPU、グラボ共にバランスが良いため、最もおすすめできる一台です。

XFはXTとは違い、より高性能なグラボであるGTX970を搭載しています。
GTX960とGTX970の性能差は大きく、価格比以上のメリットがあります。
SF2でもこの性能を活かして快適なゲームプレイができるでしょう。

そのためかゲームの推奨PCとして採用されることが多いため「これを買っておけば間違い無し」と言えます。

また、他のゲームも多くの場合問題なくプレイすることができ、画質設定によっては録画や配信もできます。

性能で選ぶ

GALLERIA-ZG
SF2 XG
  • CPU:Core i7-4790
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GTX980
  • HDD:2TB

スペシャルフォース2 XGはグラフィックボードにハイスペックモデルを搭載しているため、120FPS以上で快適なプレイをしたい方や録画や配信を日常的に行いたい方には十分のスペックです。

他のゲームPCと比べても群を抜くスペックの高さで、現在発売されているゲームはもちろん、今後発売される最新ゲームも高設定で快適にプレイできるでしょう。

また録画や配信はもちろん、プレイ動画の編集にも性能を活かすことができ、時間がかかるとされているエンコードも短時間で終わらせられるようになります。

他と比べて値が張りますが、1度購入してしまえばすぐに買い換える必要がないため結果的にはお得かもしれません。