ドスパラ ガレリアXFの実機レビューとベンチマーク結果

ガレリアXF

ガレリアXFはドスパラのゲーミングPCで、コスパが良いことが特徴です。
様々な最新ゲームで「推奨パソコン」として採用された実績もあり、初めてゲーミングパソコンを買う方でも安心できるスペックです。

このページではガレリアXFが実際どれくらい高性能なのか・ファンの音はうるさくないかといったゲーム中に気になることを中心にレビューします。

ガレリアXFの詳細レビュー

外観

外観に関しては飽きの来ないデザインだと感じました。
ゲームPCに多い派手なケースではなく、シンプルに黒で統一されています。

個人的には長く使うことを考えると、シンプルなデザインの方が使いやすいと思っています。

ガレリアXF フロントパネル
ガレリアXF バックパネル
※画像クリックで拡大
フロントパネルにはUSB3.0コネクタが2つある他、便利なSDカードリーダーがあります。
カメラの画像を取り込みたい時にさっと使えるのは良いですね。

アクセスランプは電源が青色でHDDが白色に発光します。
正面から見ると少し眩しい気もします。
ただ、床に置くのであれば特に気にならないと思いました。
どうしても気になる場合にはテープ等で塞いでしまうのもありですね。

ガレリアXF サイドパネル
ガレリアXF トップ
それぞれ2つずつファンの増設スペースがあります。
標準でトップに12cmファンが1つ設置されています。

冷却を重視したゲーミングPCならではの設計ですね。
高性能なPCパーツを冷やすには最適です。

大きさ

ガレリアXF 幅
ガレリアXF 奥行き
ガレリアXF 高さ

デスクトップPCで心配なのは大きさかもしれません。
メジャーで測ると幅は約21cm、奥行きは約50cm、高さは約45cmでした。

一般的なメーカー製PCよりは少し大きいかもしれません。
しかしスペースが十分にあるので、柔軟にパーツのアップグレードが可能です。
また効率よく冷却するためにも、大きさには余裕があったほうが良いです。

机の下に置くのであれば、さほど大きさは気にならないと思いました。

内部構成

ガレリアXF内部

ケース内部は一般的な構成になっています。

2枚目のCPU周辺画像では、CPUクーラーにトップフロー型を採用していることがわかります。
上から風を吹き当てることで、CPU周辺の温度も低下させることが可能です。

トップとリアにそれぞれ12cmファンが装備されているので、ケース内に熱が篭る心配はありませんね。
冷却はPCの寿命にも関係してくるので、エアフロー(風の通り)はゲーミングPCにとって重要なポイントです。

搭載ストレージ

ストレージはWindowsやゲーム・様々なソフトを保存する場所です。
そのためこのパーツが高性能であれば、パソコンの起動やゲームのロード時間が大幅に短縮されます。

ガレリアXFでは高速なSSDと大容量が特徴のHDDが1台ずつ搭載されています。
SSDは速さが特徴でPCの起動やゲームのロード時間を短縮することができます。
一方でHDDは容量の大きさが特徴で、動画やデータの保存に最適です。

下ではどれくらい速いかを実際に計測しました。

SSD ベンチマーク
HDD ベンチマーク

左がSSD、右がHDDの計測結果です。

SSDではシーケンシャルリードが529.4MB/s、シーケンシャルライトが512.0MB/sという結果になりました。
※シーケンシャルリード・ライトとは、ディスクの連続したエリアにあるデータを読み込む・書き込むことです。

速度が早い上に容量が480GBあるので、余裕をもって使えるのがいいですね。

HDDではシーケンシャルリードが183.8MB/s、シーケンシャルライトが189.2MB/sになりました。
こちらはあまり使わないソフトや速度が必要ないフォルダの保存に使うのがおすすめです。

付属品

ガレリアXF 付属品

付属品の一覧です。

  • キーボード
  • マウス
  • 電源ケーブル
  • マニュアル
  • ドライバCD

キーボード・マウスまでついているのは意外でした。
使ってみましたが、ちゃちすぎるということも無く、普通に使えました。

快適に使いたいのであればPC購入時に、ゲーミングマウスやキーボードなどのデバイスも合わせて選ぶことができます。

マニュアルではセットアップやリカバリの方法がすべて日本語で書かれています。
PC関係に多い英語や中国語の説明書ではないので、安心しました。

ガレリアXF ベンチマーク結果

GTX1070

搭載されているパーツは分かっても、実際どれくらいの性能なのかをイメージするのは難しいと思います。
そこで複数のベンチマークソフトを使用し、数値で比較できるようにしました。

ベンチマークはPCの性能を数値化することができるテストのことです。
今回のレビューでは総合的に計測できる3DMARKの他、VRの快適さを測るSteamVR Performance Testで試しました。

3DMARK

3DMARKはベンチマークソフトの名前で、行えるテストには複数の種類があります。
今回実施したのはゲーミングPC向けのFire Strike、4Kゲームを想定したFire Strike Ultra、最新のDirectX 12に対応したTime Spyで、合計3つの計測を行いました。

Fire Strike 1.1

XF Fire Strike 1.1

BF・CODシリーズやFallout4などをプレイしたい場合、このテストが参考になります。
GTX1070を搭載したガレリアXFでは15013というスコアになりました。

比較によると全体の88%より良い。つまり上位12%のPCということです。
CPUにCore i7-6700を搭載することで、GTX1070の性能をフルに発揮できた結果ですね。

このスコアであれば大半のゲームはスムーズに動かすことができます。

Fire Strike Ultra 1.1

Fire Strike Ultra 1.1は4Kゲームを想定したベンチマークです。
最近増えてきた4K対応のゲームでは、フルHDと比べて解像度が高く、より高性能なPC環境が要求されます。

XF Fire Strike Ultra 1.1

さすがにこちらは少し厳しい結果ですね。
ガレリアXFの場合、4270というスコアになりました。

全体の48%より良い。つまり上位52%のPCということです。
グラフでも4000-6000あたりが最も多いですね。

結果から判断すると最新ゲームを4Kでプレイするのはキツイことが分かります。
4Kモニターの用意も必要なので、まだ敷居が高いかもしれませんね。

Time Spy 1.0

Time Spy 1.0はDirectX 12に対応したベンチマークです。
DirectX 12は次世代のゲームエンジンで、PC性能を「より引き出すことができる」とされています。

XF Time Spy 1.0

ガレリアXFの結果は5712になりました。
全体の64%より良いので、上位36%のPCということです。

残念ながらまだDirectX 12は普及していないので、実際にゲームで使うのはもう少し先になるかもしれません。
しかし現時点で上位3割なので、先のことを考えると「長く使える」ゲーミングPCなのかもしれません。

SteamVR Performance Test

SteamVR Performance TestはSteamで配布されていて、VRを快適に動かせるかを判断するソフトです。

最近ではSteamにVR対応ゲームが増えてきました。
今後ヘッドセットを購入してVRを楽しみたい方は要チェックです。

XF SteamVR Performance Test

結果は「レディ」でした。
VRの推奨スペックを上回っているため、ほとんどのタイトルをスムーズにプレイすることが可能です。

その他ゲーム

XF FF14ベンチ

FF14:蒼天のイシュガルドのベンチマーク結果は16585 非常に快適と表示されました。
1920×1080の最高画質設定でも滑らかにプレイすることができる性能です。

XF MHF Benchmark

MHFでは39128という結果になりました。
同じくフルHDにて計測です。

XF PSO2ベンチマーク

PSO2のベンチマーク結果は60891でした。
環境設定は画質6(最高)で、1920×1080にて計測です。

有名なオンラインゲームであれば、一通り動かすことができるスコアです。
幅広くゲームを楽しみたい方でも安心してプレイできる環境ですね。

ゲーム中のパーツ温度

ゲーミングPCは発熱が多いと聞いたことがあるかもしれません。
事実、ゲーム中にはパソコンに負荷がかかるので、熱を多く発します。

この発熱は大きな問題で、しっかりと冷却しないとPCの寿命を縮めてしまうことになります。
そのためゲーム中に何度くらいまで上昇するのかを知る必要があります。
ガレリアXF 温度計測

そこでベンチマーク中(3DMark)に計測した温度変化の様子を記録しました。
上から2番めがCPUとGPU(グラフィックボード)の温度をグラフ化したものです。

特に発熱が多いとされているグラフィックボードでも、64℃までにしか達していません。
※一見すごい温度に見えてしまいますが、冷却が弱いと80℃を超えることもあります。
高負荷時に64℃はしっかりと冷却できている証拠です。

CPUは49℃と、こちらは50℃を切っています。
CPUクーラーが優秀なおかげですね。

温度的にはまだ余裕があるので、夏場でも安心してゲームがプレイできそうです。

ゲーム中の動作音

さて温度は問題ないと書きましたが、気になるのが動作音(ファンの音)です。

一般的なノートパソコンなどと比べた場合、ファンの数が大幅に違うので少しうるさく感じるかもしれません。
デスクトップで比べるのであれば、普通と感じました。

ファンの音がうるさくなるのは高回転で回っている時になります。
そのため負荷のかかるゲーム中や動画のエンコード中に音を感じやすいです。

ただ、ファンを回して熱を排出しないとPC自体が壊れる危険もあるため、やむを得ないことだと思っています。
ゲーム中にヘッドフォンをする方であれば、PCの動作音はほとんど影響が無いはずです。

ガレリアXFは買いなのか?

様々な面からガレリアXFのレビューを行いましたが、長くて複雑なので最後にまとめました。

良い点

  • 最新ゲームにも対応できる高性能PC
  • VRに対応しているので、将来ヘッドセットを買っても大丈夫
  • SSDとHDDで速さと容量を両立
  • 長く使えるシンプルなデザイン
  • 夏も安心な冷却で熱暴走の心配無し

悪い点

  • デスクトップ特有の大きさ
  • ファンの数が多いため、やや動作音がする

価格面でも、Core i7-6700とGTX1070の組み合わせはコスパに優れています。
基本どのゲームでもプレイできる性能がありつつ、ゲーミングPCとしても一般的な価格です。

余裕のあるスペックなので初めてゲーミングパソコンを購入する方にとっても最適で、様々なゲーム・作業でも快適にこなすことができます。

全体的なレビューを通し、ガレリアXFは「買い」なおすすめのゲーミングPCです。