フレームレート(FPS)とは? ゲームにおける重要性

PCゲームをプレイする上で知っておきたいのが、フレームレートという言葉です。
ゲーミングPCを選ぶ際に、どれくらい滑らかにプレイできるかを数値で判断することができるため、とても便利です。

フレームレートとは?

フレームレートとは一秒間に何枚の静止画で動いているのかを数値で表す仕組みで、FPS(Frame per Second)という単位で表します。

例えば60FPSのゲームをプレイする場合、一秒間に画面が60回切り替わっているということになるのです。
そのためこの数値が高くなればなるほど、ゲームを滑らかにプレイすることができます。

一般的にPCゲームで快適とされているFPSは、60FPSです。
それ以下であれば、プレイ中に「カクつき」を感じてしまうので酔う原因にもなります。
そのためどのゲームをプレイする時でも60を超えているかどうかが、重要になります。
またゲーミングパソコンの性能をチェックすることにも使えるので便利です。

30FPSと60FPSを比較

上の動画はGTAVをプレイした動画で、左が30FPS・右が60FPSです。

特に戦闘機に乗っているシーンや、車で街の中を運転しているシーンでの違いが大きいです。
30FPSの方ではややカクついて不自然な風景になってしまっています。
しかし60FPSでは滑らかに表示てきており、違和感を感じません。

高いFPSで表示できるのはPCゲームの魅力の一つでもあります。

ゲーミングモニター

もしBF・CODシリーズなどのアクション系ゲームをプレイする場合には、このFPSは最も重要な要素になります。
理由は「滑らかに表示できるかどうか」が撃ち合いの勝敗を分けるからです。

撃ち合いの場面では敵を素早く見つけて、相手より先に撃つ必要があります。
画面がカクカクしているプレイヤーは見つけるまでに時間がかかってしまう一方で、滑らかなプレイヤーはすぐに敵が出てくるのを見ることができるのです。

この差は一見小さいように感じられますが、撃ち合いでは勝敗を分ける大事な要素です。

一般的なモニターでは60FPSまで表示することができますが、最近ではゲーム用のモニターも登場してより高いFPSにも対応できる様になっています。
それがゲーミングモニターで、現在様々なメーカから発売されています。

競技性の高いFPSゲームをプレイするプレイヤーには120FPS以上を出せるゲーミングPCと、ゲーミングモニターという組み合わせが人気です。