CS:GO推奨スペックPCを比較

csgo-wallpaper

世界中で大会が開催され、配信も多く行われているFPSであるCS:GO(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ)はその競技性の高さからプレイヤー人口が増え続けています。

CSGOのような競技性の高いゲームではパソコンの性能がプレイヤーの撃ち合いはもちろん、チームの勝敗に大きく関係します。

ゲームPC比較所ではCSGOを快適にプレイできるゲーミングパソコンを比較して、予算や画質から選ぶことができます。

(via wall.alphacoders.com)

CSGO推奨スペック

SteamではCSGOの推奨スペックは公開されておらず、必要スペック(最低動作環境)のみ公開されています。

CPU Core 2 Duo E6600 or AMD Phenom X3 8750
メモリ 2GB
グラフィックボード 256MB搭載のグラフィックボード
必要スペックとはメーカーが「このスペック以上であればプレイできるでしょう」と発表しているもので、PCを選ぶ時の目安になります。

必要スペック(最低動作環境)はとても低いです。
そのため推奨スペックもあまり性能は必要無く、ミドルスペックのゲームPCで快適にプレイできます。

もし予算に余裕のある方はハイスペックなPC、余裕がない方は重要なパーツであるグラフィックボード(グラボ)に絞って強化することがより快適なプレイ環境に繋がるでしょう。

グラフィックの設定にもよりますが多くの場合は負荷がかかりやすく、推奨されているよりも余裕を持ったスペックを選ぶことが大切です。

CSGOおすすめゲームPCを比較

今のところメーカーから推奨PCは発売されていないので、推奨スペックを参考におすすめのPCをピックアップしました。

コスパ重視モデル
CPU:Core i7-6700 メモリ:16GB グラボ:GTX1060 SSD:525GB/HDD:2TB 価格 最新価格を確認
高性能モデル
CPU:Core i7-6700 メモリ:16GB グラボ:GTX1070 SSD:525GB/HDD:2TB 価格 最新価格を確認
種類が多く迷ってしまうので、このページでは安さ・コスパ・性能を基準に3つのパソコンを紹介しています。
また、最新価格は詳細リンクから確認できます。

さて、おすすめのPCを3つ紹介しましたが、特に初心者の方は「本当にプレイできるのか?」といった不安な要素が多いと思います。

そこで、当サイトではベンチマークの結果や検証動画で詳しく解説していきます。

CSGOベンチマーク結果

csgo-gpu

ベンチマークではパーツごとにどれ位滑らかにゲームを動かすことができるかを数値化しています。
数値が高いほど快適にプレイすることができ、一般的にはおおよそ60FPSが快適にプレイできる値だとされています。
(※CSGOでは撃ち合いに大きくFPSが関係するので倍の120FPS程度必要であるとも言われています。)

この結果を見るとグラフィックボード(グラボ)はGTX750Ti以上、CPUはi5系列であれば最高設定でも60FPSでプレイできることが確認できます。

現在発売されているGTX1000シリーズであれば、GTX1060で負荷のかかる録画までこなすことができるのでおすすめです。

以前私はBTOで推奨スペックギリギリのパソコンを購入しましたが、すぐに性能が追いつかなくなってしまい、最新のゲームを十分にプレイできなくなってしまいました。

そのため長く使うと考えると、公式で発表されていたり自分で考えていたプランよりも少し高性能なプランを選ぶべきです。

本当に動くの? プレイ動画で検証

ゲームPCは値段が高いので、購入時には誰しも不安になります。
私もそうですが、一番の不安は「このパソコンで本当にゲームができるのか?」ということではないでしょうか。

この項目では同じ構成のPCを使っている人のプレイ動画を紹介しています。
動画を見ることによってどれ位快適にプレイできるかが実際に分かるので安心です。

CSGOプレイ動画

コスパ重視モデル高性能モデル

最高設定でもカクつかないのが確認できます。スモークや爆発のエフェクトが表示されても、快適な撃ち合いができるようになります。

GTX1070の性能の高さを活用して、CSGOだけではなく重めのゲームをプレイする予定の方におすすめです。

おすすめゲーミングPC

コスパで選ぶ

ドスパラG-Tune
GALLERIA-XT
ガレリア XT
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1060 6GB
  • SSD:525GB/HDD:2TB
NEXTGEAR-MICRO im570SA7-SP
NEXTGEAR-MICRO im570SA7
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1060 3GB
  • SSD:240GB/HDD:2TB

Core i7-6700とGTX1060を組み合わせたコスパに優れたゲームPCです。
CPU、グラボ共にバランスが良いため、最もおすすめできる一台です。

ゲームPCの中でも売上上位である上に、数々のゲームで推奨PCとして採用された実績があるので、初めてのゲーミングPCに最適です。

CS:GOはもちろん、他のゲームも多くの場合問題なくプレイすることができる性能で、画質設定によっては録画や配信もできます。

性能で選ぶ

ドスパラG-Tune
GALLERIA-XF
ガレリア XF
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1070
  • SSD:525GB/HDD:2TB
NEXTGEAR i650GA7
NEXTGEAR i650GA7
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1070
  • SSD:480GB/HDD:3TB

より高性能なグラボであるGTX1070を搭載しているのが特徴です。
特にCSGO以外の重いゲーム(BFやCOD)もプレイしたいと考えている方にはおすすめです。

また録画や配信はもちろん、プレイ動画の編集にも性能を活かすことができ、時間がかかるとされているエンコードも短時間で終わらせられるようになります。

他と比べて値が張りますが、設定次第では他のゲームもプレイできるのでおすすめのパソコンです。