CoD:BO3推奨スペックPCを比較

cod-bo3-wallpaper

ついに発売されたコール オブ デューティ ブラックオプス3。

PC版CODシリーズで勝ち負けを決めるのは何と言ってもどれだけ滑らかにゲームを動かせるかに掛かっています。

これを機に買い換える方も初めて購入することを検討している方も自分にピッタリな推奨PCを見つけて有利にゲームを進めましょう。

当サイトではCODBO3を快適にプレイできるPCを安さ・コスパ・性能の三点で比較します。

(via wall.alphacoders.com)

※製品版のベンチマークを修正しました。
製品版ではベータ版と比べてかなり重くなっているので、最高設定でプレイするのは980などより高性能なグラボが必要になっています。

CoD:BO3必要スペック

CPU Core i3-530
メモリ 6GB
グラフィックボード GeForce GTX470/Radeon HD6970
必要スペックとはメーカーが「このスペック以上であればプレイできるでしょう」と発表しているもので、PCを選ぶ時の目安になります。

BO3の必要スペックはメモリが6GBと、他のゲームと比べてやや多く必要とします。

BO3用のPCであれば8GBのメモリを搭載した構成であれば快適にプレイできます。
今回比較するPCはすべて8GBを搭載しているので余裕のある構成です。

CoD:BO3おすすめゲームPCを比較

今のところメーカーから推奨PCは発売されていないので、推奨スペックを参考におすすめのPCをピックアップしました。

低価格モデル
CPU:Core i7-6700
メモリ:16GB
グラボ:GTX1060
SSD:525GB/HDD:2TB
価格 最新価格を確認
コスパ重視モデル
CPU:Core i7-6700
メモリ:16GB
グラボ:GTX1070
SSD:525GB/HDD:2TB
価格 最新価格を確認
高性能モデル
CPU:Core i7-6700K
メモリ:32GB
グラボ:GTX1080
SSD:256GB/HDD:3TB
価格 最新価格を確認
種類が多く迷ってしまうので、このページでは安さ・コスパ・性能を基準に3つのパソコンをピックアップしました。
また、最新価格は詳細リンクから確認できます。

BO3の場合、最もおすすめな構成はGTX970を搭載したコスパ重視モデルです。

低設定~中設定の場合BO3を滑らかに動かせるだけでなく、今後発売されるゲームも十分に動かせる性能だからです。

さて、おすすめのPCを3つ紹介しましたが、このスペックでどれくらい快適にBO3がプレイできるのかをこれからベンチマークの結果や検証動画で詳しく見ていきましょう。

SWBF ベンチマーク結果

codbo3-gpu
codbo3-cpu
ベンチマークではパーツごとにどれ位滑らかにゲームを動かすことができるかを数値化しています。
数値が高いほど快適にプレイすることができ、一般的にはおおよそ60FPSが快適にプレイできる値だとされています。

この結果を見るとグラフィック設定を下げた場合GPUはGTX960以上、CPUはi5系列であればプレイできる考えていいでしょう。

GTX1000世代であれば、GTX1070がバランスが取れているためおすすめです。

以前私はBTOで推奨スペックギリギリのパソコンを購入しましたが、すぐに性能が追いつかなくなってしまい、最新のゲームを十分にプレイできなくなってしまいました。

そのため長く使うと考えると、公式で発表されていたり自分で考えていたプランよりも少し高性能なプランを選ぶべきです。

(via GameGpu)

CoD:BO3おすすめゲーミングPC

安さで選ぶ

ドスパラG-Tune
GALLERIA-XT
ガレリア XT
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1060 6GB
  • SSD:525GB/HDD:2TB
NEXTGEAR-MICRO im570SA7-SP
NEXTGEAR-MICRO im570SA7
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1060 3GB
  • SSD:240GB/HDD:2TB

COD:BO3をとりあえずプレイしてみたいという方におすすめです。
製品版では、より重くなっているのでグラフィック設定を工夫する必要がありそうです。

グラフィック設定を下げることで負荷の高い他のゲームもプレイできる構成なので、予算が少ないけれど初めてPCゲームに挑戦してみたい方におすすめです。

しかし、将来的にはスペック不足になる可能性が高いため、「コスパ重視モデル」を購入する方が結果的には安くなるかもしれません。

バランス・コスパで選ぶ

ドスパラG-Tune
GALLERIA-XF
ガレリア XF
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1070
  • SSD:525GB/HDD:2TB
NEXTGEAR i650GA7
NEXTGEAR i650GA7
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1070
  • SSD:480GB/HDD:3TB

Core i7-6700とGTX1070を組み合わせたコスパに優れたゲームPCです。
CPU、グラボ共にバランスが良いため、最もおすすめできる一台です。
そのためかゲームの推奨PCとして採用されることが多いため「これを買っておけば間違い無し」と言えます。

CoD:BO3では、60FPSを維持するのに十分な性能があるのでクラン戦や更に上達したいプレイヤーにはもってこいなPCです。
純粋にストーリーやマルチプレイを楽しみたい方にもスペックに余裕があるので爆発などの激しいエフェクトがあってもカクつかず、ストレスなくプレイできるためおすすめです。

性能で選ぶ

ドスパラG-Tune
GALLERIA-ZG
ガレリア ZG
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:32GB
  • グラボ:GTX1080
  • SSD:256GB/HDD:3TB
NEXTGEAR i650PA7-SP2
NEXTGEAR i650PA7-SP2
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GTX1080
  • SSD:480GB/HDD:3TB

ガレリア ZGは32GBのメモリを搭載し、グラフィックボードもより高性能なモデルのため、ゲーミングモニターで120FPSでBO3をプレイをしたい方や録画や配信を日常的に行いたい方には十分のスペックです。

他のゲームPCと比べても群を抜くスペックの高さで、現在発売されているゲームはもちろん、今後発売される最新ゲームも快適にプレイできるでしょう。

また録画や配信はもちろん、プレイ動画の編集にも性能を活かすことができ、時間がかかるとされているエンコードも短時間で終わらせられるようになります。

他と比べて値が張りますが、1度購入してしまえばすぐに買い換える必要がないため結果的にはお得かもしれません。