BTOと自作PC、どっちが良い?

ゲーミングPCを買いたいけれど、BTOと自作PCのどっちが良いのかと悩んでいる方は多いと思います。
自分もその一人で、様々な人のブログなどを見ていました。

このページでは購入前に私が調べて分かったことをまとめています。

まず、BTOと自作PCを理解するためにそれぞれの特徴を挙げて比較します。

BTO

利点

メーカー側で組み立ててくれるので、PCに詳しくなくても安心。
ゲーム別に推奨モデルなどがあり、ゲームが確実にプレイできるPCを安心して購入できる。
不具合発生時にもメーカーのサポートがある。

欠点

ケースなどのパーツの選択肢が自作PCよりも少ない。
自作PCよりもやや高く付く場合がある。

参考 BTOPC-バランスのとれたゲーミングPCが人気

自作PC

利点

自分で作るので、構成を完全にカスタマイズすることができる。
新しいゲームの発売に合わせて、柔軟に環境をアップグレードできる。
※もちろんBTOでもパーツを付け足すこと自体は可能です。

欠点

ある程度のPCの知識が必要。
初めての場合、組み立てに丸一日かかることもある。
不具合が起きた場合に自分で対処しなければならない。
スペックを自分で考慮する必要がある。

参考 PCパーツ-豊富な選択肢が魅力

まとめ

昔とあるゲームで一緒にプレイしていた方が、新たに自作PCを組み立てていたのですが、
相性問題が発生したためメーカーに問い合わせたり、保証を利用して新たなパーツを取り寄せていました。

その方は、自作PC歴が長かったためにトラブルにも迅速に対応できましたが、自作PC初心者にとっては難しいことが多いです。例えば、パーツを一つ一つ確認して不具合が起きているパーツを見つけたり、ネットで同じような不具合が出ている例がないか調べたりと、初心者にとってはかなりの労力が必要になります。

以上の比較や体験談から考えると、同じ金額を払っても不具合発生時にサポートがない自作PCはかなりリスキーな選択であると言えるのではないでしょうか。

もしゲームをプレイすること自体が目的であるのなら、やはり安心して購入できるメーカー製のゲーミングBTOが最もおすすめです。

多少のリスクをとっても挑戦してみたい方は自作PC。
ゲームのプレイが目的で安心できるサポートが欲しい方はBTOがおすすめです。